車を買い替えて中古車を購入しました

 昨年ですが、車の事故に遭いその車を廃車にしたため中古車を購入しました。長年乗っていた愛車で今後も使い続けようと思っていた矢先の出来事で大変ショックでした。
 急な予定外の出費でしたが、中古の普通車を購入しました。廃車にした愛車は軽自動車でしたので、普通車になった事により大きさも走りも全く違い最初は不思議な感じがしていました。
 中古車という事で前の持ち主がどのような使い方をしていたか、事故等していないかの不安はもちろんありました。車体自体にも小傷はあるものの、許容範囲内でしたし、車内も大変綺麗に使用しているという印象で、走行距離も八万五千kmと結構乗っていましたが、車体の状態と内装等、金額を比較して考えてみて納得出来るものでしたので購入しました。
 車体カラーもパールホワイトで汚れも落ちやすく半年ほど乗った現在でも洗車をすればすぐに汚れが取れて手入も大変楽です。仕事上高速道路をよく利用するのですが、ナビも古くなく全体的に使い勝手がよく買ってからの後悔なく乗れていて大変満足しています。メンテナンス次第だとは思いますが、あと何年乗るかわかりませんが当面は大切に乗っていこうと思っています。

思ってもみなかった中古車の買い替え

 車を買う、と言えば色は何色がいいなーとかこの機能がなくちゃとかこだわりがある人はたくさんいると思いますが私にはそんなワクワクのトキメキはありません。公共の交通手段が発達していない地方に住む私にとって車はなくてはならない交通手段であって要は移動できればいいからです。どれだけ車がないと不便かというと一番近くのコンビニにだって車で買い物に行く、という人だって珍しくないくらいです。
 さて、連日仕事であちこち車で遠出をしていた私は自分でも気づかぬうちにかなり疲れていたのでしょう。
春ののどかなある日、細い道を右折する際に犬を散歩させていた通行人に気をとられて、右側の車体を酷くぶつけてしまいました。
 ガガガガと電柱にかなり深くこすり付けたような感じでサイドミラーもカクンと折れてどうしよう!と思いました。車から降りてみると白い車体にシマシマに跡がついています。前と後ろのドアも凹んでいて頭が真っ白になりました。運転席のドアはきちんと閉まりづらくなっていたし、後部のドアは一度開けると閉めれなくなりそうでした。
 すぐに廃車というわけにもいかず、予算をクリアする中古車を見つけるまで1か月近くなんとか乗っていましたがこすった車をみたディーラーさんはよくこの車に乗っていたなぁ、と苦笑されていました。
 このことがなければまだまだ乗っていただろうに予想もしていなかった手痛い出費でした。

子どもとの思い出のために新車を購入

二人目の子どもが産まれるのをきっかけに、それまで保有していた二台の車を一台にするために新車を購入しました。結婚以前にそれぞれが車を保有していましたが、生活スタイルの見直しを行い、車が一台でもやっていけるのではと考え、二台の車を下取りに出し、新車を一台購入することにしました。
ちょうど、二人目が産れるタイミングだったので、日産セレナを購入しました。購入のポイントは、今後子どもがドアの開け閉めをすることを考え、スライドドアは必須の項目としていました。オプションで自動ワンタッチ開閉機能をつけたことは、乗せ降ろしが楽になりつけてよかったと思いました。室内空間も広く、子どもの着替えなどは室内ででき、おむつ替えも可能でした。出かけた先で、いろいろなトラブルが付きまとう子どもとのお出かけで気にすることが少なくなるということは、大きなメリットだと感じました。小さい子どもとの長距離のお出かけも快適にでき、購入後一年で1万キロの走行距離を記録しました。これからもお出かけをたくさんして、思い出を作りたいと思います。